横浜遊学記



18:沖縄旅行のオマケ

e0026795_0433240.jpg実は沖縄からの帰り道、経由便ということで長崎に立ち寄りました。そこで同じ部署のNちゃんの家族に長崎料理を色々とご馳走になりました。

空港に立ち寄ったのはほんの一時間程度だったのですが、長崎ちゃんぽん・角煮・餃子と、王道と思われる料理を振舞ってもらった後で止めとばかりに角煮饅頭と枇杷ゼリーをお土産に頂きました。その角煮饅頭を頂いたのですが、言葉に尽くせぬほど美味しかったので記事に。

遠い昔、異国文化の入り乱れる長崎に、中国から伝わってきた中華料理。やがてそれが独自の進化を遂げ、「卓袱(しっぽく)料理」と呼ばれる長崎独自のジャンルとして、九州に根付いたようです。ほんと日本て、島国ゆえにいろんなものを取り入れる機会に恵まれてますよね。

「角煮饅頭」は、そんなしっぽく料理の中でも代表的な一品らしく、じっくりと煮込まれ、トロトロになった豚の角煮を、ふわふわの真っ白なホイカツではさみ込みこんだその風貌は長崎県民でなくとも見覚えがある方も多いようですね。中華のトンポウロウ(東坡肉)とよく似ていますが、さらに脂分が抜かれているので、脂っこくないのが特徴のようです。ダイエットにもぴったり(?)!

一説によるとこの角煮饅頭のルーツにもなっている東坡肉は、中国の観光名所でもある杭州の西湖にある"蘇堤"の建設に携わった20万人もの人々のために作ったものであるそうです。いったい何頭の豚さんが角煮にされたんだろう。でもきっとそんなに頻繁には食べれないはずだから、新年のお祝いとか皇帝の誕生日とか、そんなおめでたい日に振舞われたんだろうなぁ。

地元の活性化とばかりにちょっと理解に苦しむお土産を作ってしまう県とかたまに見るけど、自分の県のルーツを探っていくと、本当に強みを活かしたお土産ものが出来るんだなって実感しました。出島があったってことを、長崎は資源としてとても上手に活かしているように見えました。

いつかコンビニの什器に角煮饅頭が並ぶ日を夢見てます。

*写真「岩崎本舗/長崎角煮饅頭」
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-09-29 01:04 | ①Diary
<< 19:The begining... 17:Decision-mak... >>


Diary-Since 2005.7.14
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Plofile
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
erie fishing..
from erie fishing l..
sliding scal..
from sliding scale ..
alyson hanni..
from alyson hanniga..
cell phone b..
from cell phone bat..
give it away
from give it away
praying mant..
from praying mantis..
ron hamilton
from ron hamilton
website
from website
ford hot rod..
from ford hot rod t..
webmap
from webmap
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧