横浜遊学記



37:就職活動=自分の差別化?

e0026795_1204058.jpg今日の16:30からビジネスキャリア研究会主催の報告会があるんですが、パワポの完成度は15%くらい。

フォーマットは決まってるので埋めていくだけで、話す内容は自分の経験だから午前中に予定をこなしながらじっくり振り返れば大丈夫か。

担当のTさん、はらはらさせてごめんなさい。

このフォーマットがシンプルなんですが、何かと数値を求めてくるので今までの手帳をばっさばっさ開きながら項目を埋めているわけです。で、自分の大学生活を時間配分でグラフにしてみたのですが、ほんっとうに典型的な大学生ですね。分かりやすく伝えるために三年間を一週間に圧縮してみましたが、平均より少し忙しいかなって事意外は、ありふれてるモデルだろうなと。

"失敗しないコツはなんだと思う?"みたいに聞かれることがよくありますが、就職活動で失敗しないコツは(自己アピールに限れば)①大学生活を充実させること(やりたいことをやれる範囲で精一杯やる)と②その経験を上手く調理して伝えることの二つしかないなと思います。

なんか特別なテクニックみたいなのって存在するのかもしれないけど(僕は半年の就職活動でついに出会えなかったけど)、普通に大学生活を送ってたら面白い経験は絶対してるはずだし、それを分かりやすく伝える伝達力があればどこかが欲しいって言ってくれるはず。

面接官に"欲しい!"って思わせるのに、特別な経験とか特殊な話術とかって必要ないと思う。逆に、相手へのウケを考えすぎちゃって素のままで話してれば出てくるはずのその人にしかない考え方とか経験とかが出なくなる方が危険だしもったいないなと。

「差別化」って、結果としてほかと違うってことで、最初から"他には無いものを出していこう!"って力んで出すものじゃないかなと。それって、似合わない服を必死で着てるのに似てる気がする。"いつもと違う自分を出さなきゃ"って考えることの前提には、現在の自分に対する否定の気持ちが横たわってるわけだから。

電車男をみながら就活の自己アピールについて考えてみました。
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-10-14 02:04 | ⑧シュウカツ関係
<< 38:「愛されることと愛され方」 36:ドアをノックするのは誰だ? >>


Diary-Since 2005.7.14
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Plofile
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
erie fishing..
from erie fishing l..
sliding scal..
from sliding scale ..
alyson hanni..
from alyson hanniga..
cell phone b..
from cell phone bat..
give it away
from give it away
praying mant..
from praying mantis..
ron hamilton
from ron hamilton
website
from website
ford hot rod..
from ford hot rod t..
webmap
from webmap
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧