横浜遊学記



89:Hello again, my old hobby.

e0026795_2057598.jpg小学生の時に異常にはまっていたものがある。それはスーパーファミコンだ。ストⅡに始まり、マリカー・ぷよぷよ、ドラクエにFFと。学校が終わると、外で遊ぶか誰かの家に集まってゲーム大会。夜は深夜まで、朝は早起きして登校時間までレベル上げ(学校が近かったからねー)。

週刊の攻略本を熟読して、公式ガイドブックを集めて…と、典型的なそのころの小学生だったんじゃないかなーと思う。今でも実家に帰って攻略本を見返すと、懐かしい気持ちになる。

FF6では、オルトロス戦の直前にあるイカダのダンジョンで無限ループを発見して序盤でレベル99まで自動て上げてしまう技を開発したり(マテリアを装着せずにレベルを上げてしまうとステータスがMaxまで上がらないことが判明してこの技は廃れる)、マリカーではそれぞれのキャラクターのMax Speedを諳んじていたり(確か、ドンキーコングとクッパが138㎞/100㏄エントリー時)、結構なオタクっぷりを発揮していたように思う。休みの日になると、友達から攻略のアドバイスを求める電話がかかってくることもあった(メダル王どこにいるの?とか)。

途中からはゲーム用に32インチのワイドテレビ(おばあちゃんが居間用に購入したものを強引に譲ってもらった)も手に入れて、好きな音楽を聴きながら暖房の聴いた部屋でレベル上げに勤しむ時間は、僕にとって至福の時だったことを覚えている。一人でこつこつやる作業は嫌いじゃなかった。

そんな僕も年齢が上がるとともに少しずつゲームから離れていって、今はプレステを見ても心が躍ることはなくなってしまったわけだけど、今日偶然にもドラクエ5攻略サイトを発見(ホントは、RPGのボスも組織の一員で、それなりに苦労を抱えてやってるはずだ…みたいな話を書こうと思ってた)。レベル1でラスボスを倒す方法や、武器と防具を全く装備せずにクリアする方法など、キャラクターの特性やアイテムの性質、敵の行動パターンなどを緻密に分析して抜かりなく立てられた戦略を元に打ち立てられたた偉業の数々が公開されていて、開発者との頭脳戦としての緊迫感が伝わる。

一番びっくりしたのは、モンスターを100%の確率で仲間にする裏技が存在したこと。ひとしこみ技と呼ばれるこの裏技は、マニアの間では随分有名らしいんですが、今日初めて知りました。そして、改めてWebの凄さに驚きました。こんな情報が、ちょちょっと検索かけるだけでぞろぞろ出てくるんですよね。しかも、無料で。またやり直して、はぐれメタルだけのパーティつくろうかなー。

*RPGやらない人にはさっぱりな固有名詞多くてごめんなさい。
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-11-24 21:11 | ⑦Identity
<< 90:当たり前を当たり前に 88:今日の1題 >>


Diary-Since 2005.7.14
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Plofile
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
erie fishing..
from erie fishing l..
sliding scal..
from sliding scale ..
alyson hanni..
from alyson hanniga..
cell phone b..
from cell phone bat..
give it away
from give it away
praying mant..
from praying mantis..
ron hamilton
from ron hamilton
website
from website
ford hot rod..
from ford hot rod t..
webmap
from webmap
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧