横浜遊学記



2005年 09月 13日 ( 2 )


13:Strolling through the Matsumoto.

e0026795_20575710.jpg住んでいるハイツの住所は松本町。大学と横浜駅のちょうど中間に位置する町です。途中で、傾斜45度くらいの(注意:冗談抜き)坂を上らなければならないのですが、坂を上ると静かな住宅街といった風情。

最近近所をもっと開拓しよう!というコンセプトの下、近所のお食事どころを巡っています。といっても、中華料理屋さん・どんぶり屋さん・すし屋さん・ケーキ屋さんくらいしかありませんが。

写真はどんぶり屋さんの"白扇(Hakusen)"の天麩羅定食です。この日は台風が上陸して大騒ぎだったのですが、前の日に食べた親子丼が美味しくて、どうしてもここで食べたくなってしまってのです。

なにが良かったかって、衣です。口に入れてかむとすぐに海老に到達する薄さながら、狐色でかりかりな感触。そんな海老の天麩羅が二本もある幸せ。天麩羅をつける汁も、鰹出汁が効いていてそのまま飲んでも美味しかったです。これで1,100円はきっとリーズナブル。

そもそも台風の日にわざわざ外食に出る人間もいないらしく店内には僕一人でした。

TV 「…この豪雨の影響を受け、○○ダムは貯水率が100%を記録し…」
おばちゃん 「水があっても家が流れてしまっちゃあどうしようもないねぇ。」
僕 「ですねぇ。」

なんだかお店の人とこんな会話するのってひどく珍しいような。お客の回転率とか、客単価とか、考えてるのかもしれないけど雰囲気は効率なんて言葉と全く無縁な感じ。テーブルも椅子もちょっとくたびれてるんだけれどちゃんと磨かれてる感じで不思議と清潔感を感じます。

毎日ここに来たら太るだろうなぁ…。
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-09-13 21:34 | ①Diary

12:猫派と犬派から見る人間性

e0026795_20391015.jpg最近ゼミの先生が結婚されました。近日挙式があり、同期とともに総合司会を務めさせてもらうことになりました。当日まであと一週間ちょっとということで、余興の企画も含めて追い込みの段階です。

先日も、リハーサルを兼ねて会場に行きました。その帰り道の会話で猫が好きか犬が好きかという話になりました。婦人の仮説によると、猫好きの人というのは比較的人との距離感を保つ付き合い方をする人が多く、犬好きな人は距離感を気にせず親和を求めてくる人が多いとか。う~ん、知り合いの顔を浮かべてみるとなんとなく納得。

婦人の仮説によると、「放っておいて欲しい欲求」の度合いの強さによって猫派か犬派かが決まるそうです。

でも猫好きな婦人は、猫の放っておいて欲しい欲求を理解しつつも、猫を見つけるとくしゃくしゃにかまってあげずにはいられないそうです。嫌がりつつ猫の方も結局嬉しかったりして。

一人の時間は欲しいのだけど、寂しがり屋さん。人間も猫も一緒なのかもしれないですね。
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-09-13 20:48 | ①Diary


Diary-Since 2005.7.14
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Plofile
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
erie fishing..
from erie fishing l..
sliding scal..
from sliding scale ..
alyson hanni..
from alyson hanniga..
cell phone b..
from cell phone bat..
give it away
from give it away
praying mant..
from praying mantis..
ron hamilton
from ron hamilton
website
from website
ford hot rod..
from ford hot rod t..
webmap
from webmap
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧