横浜遊学記



カテゴリ:①Diary( 68 )


24:Back to Yokohama.

e0026795_1725161.jpg三日間に及ぶ内定式イベントもようやく終了です。

内定者主催のカフェを借り切っての前夜祭の始まり、二日目は殆どのプログラムが英語で行われて終了時間は夜の12時近く。非常に充実していたことは間違いありませんが、途中で結膜炎と風邪を患い最悪なコンディションの下での参加。体調管理も仕事のうちって言葉が身にしみました。

個人的には人事部長(にあたるのかな?)のスピーチが一番印象に残りました。この会社の社員の人はプレゼンにかなりの重点を置いていると聞いていたけれど、なんだか映画のワンシーンを見せてもらっているような感覚に襲われました。自信に満ちた笑顔と英語で繰り出されるジョークにメロメロ。こんなおじさんが親戚にいたらいいなぁ。
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-10-04 17:25 | ①Diary

23:オムライスと再会

e0026795_2353186.jpg今日はこれからまた一頑張りなのでお夜食を作りました。久しぶりにオムライス。

中学生の時にチューボーですよを見て以来、ふわふわにした卵をチキンライスに乗せるオムライスしか作らなくなりました。

卵と鶏(鶏肉)もちょっと悲しい再会。
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-10-01 23:05 | ①Diary

22:秋の深まりと共に

e0026795_15592766.jpgESUJという大学対抗のディベート大会が近いので毎日練習しています。今日は9:30~18:00まで学校に缶詰。

一年生の頃からこんな風に熱心に練習していたら、Debaterのキャリアももうちょっと豪華なものになってたかな。後ろを向いてても何も良いことはないので、一週間後に迫った大会のために出来ることを一つ一つこなしていくしかないけど。

外はすっごい良い天気なのに、昼食のとき意外はずっと部屋にこもってて、終わって外に出てみたらもう真っ暗。日の長い夏の日々は過ぎ去ってしまったんだなって痛感。いつの間にセミがいなくなったんだろう。洗濯物も乾きにくくなってきたなぁ。

Motion(議題)は以下でした。

・THW cancel the deubt of developing countries.
(発展途上国の多重債務を免除しよう)
・THW abolish the Emperer monarchy.
(日本の皇室を廃止しよう)
・THBT Japanese government should disclose the name of sex offender.
(日本政府は性犯罪者の個人情報を公開するべきだ)

僕がやっているpaliamentary debateって競技は、議題がスピーチの20分前に発表されて即興で原稿を考えて英語で喋らなくてはいけません。日本では現在2人対2人のスタイルが主流ですが、海外に行くと3人対3人・2人×4チームなどの異なるスタイルも存在します。

英語でスピーチするってだけでテンパるのに、Point of imformationってルールがあって喋ってる途中で質問してくる相手にも切り返さなくてはいけません。そもそも全く知識の無い議題の場合もあって(自分の不勉強がいけないんだけどね)、度胸つきます。

全部のラウンドを通じてMirhat(昨年度優勝者)に言われたのは、基本的なこと。
■アーギュメント(話してる内容)のクオリティーをあげよう
■vividな情景描写で問題をジャッジに対して明確に認識させよう

これからの一週間でやるべきことは"英語力の強化"と"知識の強化"。結局テクニック云々の前に基礎体力がまだ足りないってこと。どんな競技にも、効果的な練習法はあるかもしれないけど、上達への近道ってないんだよね。とにかく以下のことはしよう。

・毎日取り組んだ議題についてDebatabaseで新しい論点を探す
・具体例が出せなかったものはGoogleで事例を探す
・新聞と時事本でネタの穴をなくす

・毎日一題づつ英語の長文を音読しながら解く
・スピーチを作り直す
・Economist音読

まずは後悔しないためのに最大限努力するのが目標。次の目標がベスト8。もちろん狙ってるのは優勝。課した課題をしっかりとこなすことが出来れば身の丈にあったご褒美がきっとあるはず。

*写真「皇室について議論したときの原稿」
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-10-01 15:59 | ①Diary

21:Coffee break@Yokohama.

e0026795_2273127.jpg今日は13時~20時までdebateの練習。今はスタバでパレスチナ問題を勉強中です。

今夜は久しぶりにバイト先の先輩と夕ご飯。レゲェカフェとやらに行こうか思案中です。

*写真「Starbucks in Yokohama Station」
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-09-30 22:07 | ①Diary

18:沖縄旅行のオマケ

e0026795_0433240.jpg実は沖縄からの帰り道、経由便ということで長崎に立ち寄りました。そこで同じ部署のNちゃんの家族に長崎料理を色々とご馳走になりました。

空港に立ち寄ったのはほんの一時間程度だったのですが、長崎ちゃんぽん・角煮・餃子と、王道と思われる料理を振舞ってもらった後で止めとばかりに角煮饅頭と枇杷ゼリーをお土産に頂きました。その角煮饅頭を頂いたのですが、言葉に尽くせぬほど美味しかったので記事に。

遠い昔、異国文化の入り乱れる長崎に、中国から伝わってきた中華料理。やがてそれが独自の進化を遂げ、「卓袱(しっぽく)料理」と呼ばれる長崎独自のジャンルとして、九州に根付いたようです。ほんと日本て、島国ゆえにいろんなものを取り入れる機会に恵まれてますよね。

「角煮饅頭」は、そんなしっぽく料理の中でも代表的な一品らしく、じっくりと煮込まれ、トロトロになった豚の角煮を、ふわふわの真っ白なホイカツではさみ込みこんだその風貌は長崎県民でなくとも見覚えがある方も多いようですね。中華のトンポウロウ(東坡肉)とよく似ていますが、さらに脂分が抜かれているので、脂っこくないのが特徴のようです。ダイエットにもぴったり(?)!

一説によるとこの角煮饅頭のルーツにもなっている東坡肉は、中国の観光名所でもある杭州の西湖にある"蘇堤"の建設に携わった20万人もの人々のために作ったものであるそうです。いったい何頭の豚さんが角煮にされたんだろう。でもきっとそんなに頻繁には食べれないはずだから、新年のお祝いとか皇帝の誕生日とか、そんなおめでたい日に振舞われたんだろうなぁ。

地元の活性化とばかりにちょっと理解に苦しむお土産を作ってしまう県とかたまに見るけど、自分の県のルーツを探っていくと、本当に強みを活かしたお土産ものが出来るんだなって実感しました。出島があったってことを、長崎は資源としてとても上手に活かしているように見えました。

いつかコンビニの什器に角煮饅頭が並ぶ日を夢見てます。

*写真「岩崎本舗/長崎角煮饅頭」
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-09-29 01:04 | ①Diary

13:Strolling through the Matsumoto.

e0026795_20575710.jpg住んでいるハイツの住所は松本町。大学と横浜駅のちょうど中間に位置する町です。途中で、傾斜45度くらいの(注意:冗談抜き)坂を上らなければならないのですが、坂を上ると静かな住宅街といった風情。

最近近所をもっと開拓しよう!というコンセプトの下、近所のお食事どころを巡っています。といっても、中華料理屋さん・どんぶり屋さん・すし屋さん・ケーキ屋さんくらいしかありませんが。

写真はどんぶり屋さんの"白扇(Hakusen)"の天麩羅定食です。この日は台風が上陸して大騒ぎだったのですが、前の日に食べた親子丼が美味しくて、どうしてもここで食べたくなってしまってのです。

なにが良かったかって、衣です。口に入れてかむとすぐに海老に到達する薄さながら、狐色でかりかりな感触。そんな海老の天麩羅が二本もある幸せ。天麩羅をつける汁も、鰹出汁が効いていてそのまま飲んでも美味しかったです。これで1,100円はきっとリーズナブル。

そもそも台風の日にわざわざ外食に出る人間もいないらしく店内には僕一人でした。

TV 「…この豪雨の影響を受け、○○ダムは貯水率が100%を記録し…」
おばちゃん 「水があっても家が流れてしまっちゃあどうしようもないねぇ。」
僕 「ですねぇ。」

なんだかお店の人とこんな会話するのってひどく珍しいような。お客の回転率とか、客単価とか、考えてるのかもしれないけど雰囲気は効率なんて言葉と全く無縁な感じ。テーブルも椅子もちょっとくたびれてるんだけれどちゃんと磨かれてる感じで不思議と清潔感を感じます。

毎日ここに来たら太るだろうなぁ…。
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-09-13 21:34 | ①Diary

12:猫派と犬派から見る人間性

e0026795_20391015.jpg最近ゼミの先生が結婚されました。近日挙式があり、同期とともに総合司会を務めさせてもらうことになりました。当日まであと一週間ちょっとということで、余興の企画も含めて追い込みの段階です。

先日も、リハーサルを兼ねて会場に行きました。その帰り道の会話で猫が好きか犬が好きかという話になりました。婦人の仮説によると、猫好きの人というのは比較的人との距離感を保つ付き合い方をする人が多く、犬好きな人は距離感を気にせず親和を求めてくる人が多いとか。う~ん、知り合いの顔を浮かべてみるとなんとなく納得。

婦人の仮説によると、「放っておいて欲しい欲求」の度合いの強さによって猫派か犬派かが決まるそうです。

でも猫好きな婦人は、猫の放っておいて欲しい欲求を理解しつつも、猫を見つけるとくしゃくしゃにかまってあげずにはいられないそうです。嫌がりつつ猫の方も結局嬉しかったりして。

一人の時間は欲しいのだけど、寂しがり屋さん。人間も猫も一緒なのかもしれないですね。
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-09-13 20:48 | ①Diary

10:¥650の投資-横浜味市場-

e0026795_2163070.jpg横浜駅西口を岡田屋MORE's方面に少し歩いて橋を渡ると、居酒屋が立ち並ぶ通りに入ります。500円~1000円の良心的な値でランチを提供してくれるお店が多いのですが、Fast foodフリークの僕はなかなか足を止めることがありませんでした。

行きなれている場所で食べなれたメニューというのも悪くないのですが、結局同じくらいの金額を払うのならば、毎回違うお店で趣向を凝らした様々なメニューに頭を悩ませる方がこの辺りにも詳しくなれるし有益だなと思い、橋のふもとの"横浜味市場"でランチすることに。

メニューは「石焼スープカレー丼」。ジャガイモが丸ごと一つ入っているワイルドさ。おなかが減っていたので普通に食べてしまいましたが、"石焼"らしくもっと混ぜてから食べたら美味しかったのかな。

具の方を先に全て食べてしまった後はひたすらご飯と格闘で、隣で外回りのサラリーマン風の人が食べていた海鮮丼の方が美味しく見えたり。お昼から居酒屋にいるのってなんか変な感じ。

今までは、昼食を外で食べるときは忙しい時が多くて"摂取"という感覚が拭えなかったけど、ちょっと時間があるときにこうして色んなお店を覗いて見るのも楽しみのひとつになりそうです。

*写真「石焼スープカレー丼/横浜味市場」
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-08-19 02:36 | ①Diary


Diary-Since 2005.7.14
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Plofile
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
erie fishing..
from erie fishing l..
sliding scal..
from sliding scale ..
alyson hanni..
from alyson hanniga..
cell phone b..
from cell phone bat..
give it away
from give it away
praying mant..
from praying mantis..
ron hamilton
from ron hamilton
website
from website
ford hot rod..
from ford hot rod t..
webmap
from webmap
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧