横浜遊学記



カテゴリ:⑦Identity( 8 )


102:雪かきという文化

昨日ラーメン屋でテレビを見ていたら、今日から地元で大雪が降るという予報が目に入った。
e0026795_1540417.jpg
僕の実家は島根県で、大学生になってこっちに出てくるまで幼稚園から高校三年生までの13年程度を過ごした。すっかり忘れてしまっていたが、毎年雪が見れる。オセアニア大陸あたりから東に向かって流れてくる寒気団が山陰と山陽を隔てる山脈にぶつかって、水蒸気として運んでいた水を雪という形にして大量に降り落とすからだ。

e0026795_16125489.gif雪国じゃない人には想像し難いかもしれないけど、ある日突然、朝起きると一面真っ白な景色になる。一晩で降り積もる雪が、うちの家のあたりだとだいたい膝の辺りまでくるからだ。朝起きるとなんだか外がいつもよりも明るいなぁと感じた日は、たいてい雪が積もっている。雪が降るかもしれないという予報が出たり、同僚や祖父祖母から話を聞くと、みんな一生懸命スタッドレスに履き替える。普通のタイヤで凍結した道を朝通勤するのは、命がけだからだ。

雪が降ると、みんな気持ちが高ぶる。もちろん子供にとっては、学校が休みになるかもしれない、授業が雪合戦になるかもしれない(*小学校では学級活動の時間や担任の先生が受け持つ授業がよく雪合戦に変更になった。もちろん、発表されると生徒からは大歓声が上がる)という期待感からなわけだけれど、大人にとっても雪の日はなんだか特別だ。

それは、車庫から道路に続く道や、玄関先の雪かきをしたり、屋根の雪下ろしをしなくてはいけないという単純なルーティーンの変化がもたらす刺激なのかもしれない。

e0026795_1671861.jpgうちの場合、おじいちゃんがいつもよりも早起きになり、おばあちゃんが作る朝ごはんにいつもより少しだけ気合が入っていたりする。雪かきのせいで、いつもいるはずの時間に家族が揃わないのが、なんだか心もとなくて、雪が運んでくれる様々なものに対する期待感と相まってなんとも不思議な気持ちになったものだ。

e0026795_1611972.gif小学校中学年に上がる頃から、雪かき要員として借り出されるようになる。自分の身体よりも大きな雪かき道具を駆使して、道の雪を近くの用水路に落としていく。処理能力としては、スコップ<雪はね<ママさんダンプ(写真)だけれど、凍って固くなった雪には、スコップが極めて有効だ。もたもたしていると「かしてみーや。」といわれて、おじいちゃんに道具をとられたりしたものだ。

雪が降ると登下校の道は例に漏れず毎回が雪合戦の戦場になる。小学校くらいだと、大抵気になる異性の子に雪玉をぶつけたりして、やりすぎて泣かせてしまうなんてことがあった。高校生ぐらいになってもやっぱり雪が降ると雪玉を作って友達と投げ合っていた。きっと今再会したとしても周りに雪が積もっていたら思わずやってしまうだろう。雪国に育ったものの本能みたいなものなのか。

田舎の生活は、とにかく身体を使うことがおおいなぁと、書きながら思い出した。
今年の年末も地元には帰れないけど、せめてお雑煮でも作って食べようと思う。
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-12-22 15:59 | ⑦Identity

89:Hello again, my old hobby.

e0026795_2057598.jpg小学生の時に異常にはまっていたものがある。それはスーパーファミコンだ。ストⅡに始まり、マリカー・ぷよぷよ、ドラクエにFFと。学校が終わると、外で遊ぶか誰かの家に集まってゲーム大会。夜は深夜まで、朝は早起きして登校時間までレベル上げ(学校が近かったからねー)。

週刊の攻略本を熟読して、公式ガイドブックを集めて…と、典型的なそのころの小学生だったんじゃないかなーと思う。今でも実家に帰って攻略本を見返すと、懐かしい気持ちになる。

FF6では、オルトロス戦の直前にあるイカダのダンジョンで無限ループを発見して序盤でレベル99まで自動て上げてしまう技を開発したり(マテリアを装着せずにレベルを上げてしまうとステータスがMaxまで上がらないことが判明してこの技は廃れる)、マリカーではそれぞれのキャラクターのMax Speedを諳んじていたり(確か、ドンキーコングとクッパが138㎞/100㏄エントリー時)、結構なオタクっぷりを発揮していたように思う。休みの日になると、友達から攻略のアドバイスを求める電話がかかってくることもあった(メダル王どこにいるの?とか)。

途中からはゲーム用に32インチのワイドテレビ(おばあちゃんが居間用に購入したものを強引に譲ってもらった)も手に入れて、好きな音楽を聴きながら暖房の聴いた部屋でレベル上げに勤しむ時間は、僕にとって至福の時だったことを覚えている。一人でこつこつやる作業は嫌いじゃなかった。

そんな僕も年齢が上がるとともに少しずつゲームから離れていって、今はプレステを見ても心が躍ることはなくなってしまったわけだけど、今日偶然にもドラクエ5攻略サイトを発見(ホントは、RPGのボスも組織の一員で、それなりに苦労を抱えてやってるはずだ…みたいな話を書こうと思ってた)。レベル1でラスボスを倒す方法や、武器と防具を全く装備せずにクリアする方法など、キャラクターの特性やアイテムの性質、敵の行動パターンなどを緻密に分析して抜かりなく立てられた戦略を元に打ち立てられたた偉業の数々が公開されていて、開発者との頭脳戦としての緊迫感が伝わる。

一番びっくりしたのは、モンスターを100%の確率で仲間にする裏技が存在したこと。ひとしこみ技と呼ばれるこの裏技は、マニアの間では随分有名らしいんですが、今日初めて知りました。そして、改めてWebの凄さに驚きました。こんな情報が、ちょちょっと検索かけるだけでぞろぞろ出てくるんですよね。しかも、無料で。またやり直して、はぐれメタルだけのパーティつくろうかなー。

*RPGやらない人にはさっぱりな固有名詞多くてごめんなさい。
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-11-24 21:11 | ⑦Identity

80:メタ認知強化の日

e0026795_14392638.jpgまたまたチェックしてるブログで性格診断やっていたのでついつい自分も診断。今日はメタ認知強化の日ということにしました。

この手の質問事項に答えるときって自分基準のはずだから結果は事実とかなり異なると思うのだけれど、不思議とそう実際とずれることは少ないような。不思議だ!僕は都合の良いとこしか読みませんが。

+++++

興味のある方は、こちらのサイトへ。

+++++

個人的な結果です▼

+++++

【明朗 + 気まま三昧(ざんまい)タイプ】

人生を楽しく生きているという点においては屈指のタイプです。そのライフスタイルは実に屈託がないのです。ほどほどの理想や責任感を持ち、利には聡(さと)いけれども合理主義の一点張りではないのです。

 →いやぁ、それほどでも。ようするにこんにゃくみたいな人生ってことでしょうか。

天真爛漫で、傍若無人ぎみの頑迷さはあるが、思いやりや同情心が厚く、やりたいことをやりながら、あまり人に憎まれないというのが、このタイプの天性の徳なのです。

 →いやいや、とんでもない。刺されそうになったこともありますよ。

どちらかというと、あまり計算され尽くした世界は好まないタイプで、鬼が出るか蛇が出るかよく分からないようなやぶを、棒で突っついてみるのが、このタイプの性分に合った生き方なのです。

 →これはあたってるね。ドラクエで言うと裏ダンジョンに興奮する気持ちだろうか。

なかなか思い切りの良い性格で、少々の失敗では決してへこたれません。懐が広いのと開き直りが早いので、多少の衝撃はいつの間にかどこか吸収してしまっているのです。

 →開き直り速いかな?反省が足りないってこと?


 こんな私と友人でいてくれてる懐の広いみなさまへ
以下、梅木の取扱説明書となりますゆえ、以後参考にしていただければと思います。


★★★ 対人関係 (相手がこのタイプの場合 どうすればいいか) ★★★

■恋人・配偶者■
結婚相手の性格としては80点から90点はやれる相手だ。
とにかく優しくてネアカなところが良い。

■得意先■
腹蔵なく本音で話し合うほうが良い結果の出る相手。
特に長い目で見た場合には、絶対にそうすべきだ。

■上司■
この相手の言うことなら、だいたい真に受けておいて間違いなし。
裏腹なことだけは絶対に言ったりやったりしない相手だ。相手が一肌脱いでくれたら、こちらは二肌か三肌は脱げ。その功徳は必ずあるはずだ。

■同僚・部下■
上手く育てれば、なかなかのやり手になる可能性が高いタイプだ。
少々のミスには目をつぶって、どんどん仕掛けさせてみよ。

+++++

途中にいくつか”ん?”と思う箇所もありますがまぁその辺はご容赦を。なんせ50問の質問で人間性を計ろうとすること自体にも限界がありますので。ちなみに243パターンあるみたいです。

おもろい結果が出た人また教えてねー!
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-11-14 14:55 | ⑦Identity

79:右脳度チェック

e0026795_13435386.jpgチェックしてるブログで右脳度チェックというのをやっていたので僕もやってみました。40個くらいの質問に答えると速攻出るので簡単です。逆に信憑性はあるのかって議論はもちろんありますが、そのへんは参考程度にってことで。

個人的にはこういうの嫌いじゃなくて、シュウカツの時もR-CAPとか結構じっくり読んでた方なので面白くできました。

+++++

興味のある方は、こちらのサイトへ。

+++++

個人的な結果です▼

+++++

●あなたの頭脳タイプ <Cc型>

語彙の豊かなあなたは、言葉を駆使して思いきり発想をふくらませていき ます。

 →妄想が激しいことが証明されました。

ユーモアを解し、時には新しいオリジナル言語をつくり出したりも します。これからの社会では特に要求される能力です。

 →いつかは流行語大賞を受賞することが出来るのでしょうか。ホルスタインとかのこと?

文系の哲学・文学・教育学・人間関係学などをベースにして仕事を展開す るとその能力は十分に生かされます。マスコミの世界にはこのタイプが多 く、文才を磨いて身をたてることもできるし、活躍しているタレントもほとんどこのCc型です。

 →高3の夏に文転した自分は間違ってなかったのか、それとも文系だからこんな結果なのか。

[相性判断]
◇あなたは今会社やグループの右腕または左腕になれる方でしょう。

 →なんだか僕がヤクザの組織の一員みたいな言いようですね。

それとも実質的には社長さんや代表なのだけれども、一代目や誰か他の人が頑張っておられて少々目の上のたんこぶと感じておられるかも。

 →全くないです。誤解を生んで人間関係がギクシャクするような言い方は控えていただきたい。
 
そんなあなたをひと回り大きくしてくれるのはBc、Dcの人達でAc、Ba、Bb、Da、Dbの 人達も支えとなってくれるでしょう。

 →このタイプだったみなさま!どうかご一報を!

●あなたの知能領域(考えたり憶えたりする材料 )
あなたは、言葉の意味などを材料に
『概念的にとらえ』考えたり憶えたりする能力に優れています。

 →ディベートでも大枠の話は得意ですね。逆に詰められたアーギュメントをひねり出すのはちょっと苦手。入り組んだ話になるとBig Pictureからの議論に戻そうとする傾向はあるかも。

●あなたの知能活動(どのように頭を働かせるか)
『拡散的思考型』
あなたは、気のきく人で、創造性があります。 一つの事柄から色々な方向に思いをめぐらした考えができる人です。 アドリブがきき、発想・アイデア連想能力に優れています。

 →ようするに落ち着きがないということですね。考えてみると文脈をさえぎって話を変えてしまって顰蹙を買って「人の話聞いてないでしょー!」と起こられることは頻繁にあります。それにしてもモノは言い様ですね。こうやって書くと自己中=創造力のある人みたいだ!万歳B型!

ちなみに社長になれる度数(右脳人間の最終目標が社長って勝手に決めるなって感じですが)が出ます。僕は88%でした。性質的にどうかは分からないけど、人間的な資質(誠実さとかそのへん)身に付けないとなったとして会社つぶれちゃうでしょうねー。

+++++

ということで、結果が出た人は気が向いたら教えてくださいね。
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-11-14 14:04 | ⑦Identity

17:Decision-makingの本質

e0026795_22103922.jpgどっちが特で、どっちが損か。僕は自分の人生での選択を考えるときに"成功の大きさ×実現できる可能性"、つまり期待値みたいなもので定量的に考えて決めることが多いです。学生生活を振り返ってもちょっと打算的。その物事に取り組んだ後で自分が得るものを具体的にイメージできないものには手を出してないし。でも実際、みんなそんなものなのかな。

JAZZ研時代の友達の一人なんかは、バイトからサークルから友人関係から、全部音楽一色。好きなことしかする気も無いみたいだし、していないように見える。周りからの評価とか、やってること一つ一つが社会に出てからどのくらい役に立つのかとか、そんなことよりもきっとずっと大事な価値基準で動いているようでときどきなんだか嫉妬を感じたり。

4年間てモラトリアムの時間の過ごし方って、そんな風に自分を中心に全ての意思決定が出来る最後の期間なのかなってことに今更気づく。身近で僕の生活を見てる人には「お前は十分好き勝手に生きてるだろ」っていわれそうだけど、その実合理主義の呪縛みたいなものから自由になる瞬間てあんまり多くなかったり。でも逆に、そうやって無駄だって判断した(それはあくまで頭でジャッジしたものであって、心から無駄だと感じてのとは違うんです)ものを切り捨てて生きるのって、長い目で見たら絶対寂しいだろうと。頭と心が戦って、心が勝つ瞬間を増やしたいなと。

人生って決断と、その結果の集合体。
迷いなく「自分の為に生きてる」って言える人生にしたい。

*イラスト「竹久夢二/青い酒」
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-09-28 23:00 | ⑦Identity

8:大願時宿舎の思い出

e0026795_22261219.jpg友達と家で遊びながら、いつもうっすらと耳にしていたのがピアノの音でした。ちょうど真上の部屋に住んでいたのがピアノの先生でした。ある日いてもたってもいられなくなって、母親に頼んで先生の部屋に連れて行ってもらいました。そこで生徒との連弾で聴かせてくれたのがアヴェ・マリア(おそらくC.F.グノー)という曲でした。僕はよく覚えていないのですが、夕日に照らされながらの二人のピアノ演奏に甚く感銘を受けたらしく、しばらくはその話しかしなかったそうです。「ピアノを習いたい」からはじまって「ピアノが欲しい」。実家にいくらか援助してもらって、幼い私の望みは全て叶えられました。

YAMAHA系列の教室から鈴木メソッド、町外れのピアノの先生…。幼いながらに頑固だったら敷く、この人から学ぼうと思える先生に出会えるまで相当な数のピアノ教室を回ったようです。そして最終的に出会えたのが鯖江という地区の先生でした。いつも駅まで赤い軽自動車で迎えに来てくれる、きびきびした女の先生。練習法も一風変わったものでした。

習い始めてからしばらくはひたすら和音の聴音。最近よくTVのCMでやっている、先生がぽーんっと和音を引いて生徒が「ドミソ!」と答えるやつです。ただ、20年近く前に聴音をやっている教室は今よりずっと少なかったと思います。そして、ドミソは「ツェエゲ」だった気がします(ドイツ語の音階で発音させられていました)。聴音がちゃんと出来るようになると、一度耳で聞いた曲をピアノで再現できるようになると教えてもらいました。その言葉を信じて練習に励んでいたのですが、私は覚えが余り早くなく、3ヶ月も経つころには母親も少しあきらめムードだったらしいです。

ある日、テレビで流れているラジオ体操の曲に合わせて突然ピアノを引き出したそうです。ようやく脳の中で、音声解析の回路と指の運動神経が連携をとった瞬間でした。

小学校・中学校・高校と、家に帰るとまずピアノを弾いていました。音楽の時間に習った合唱曲から、テレビから流れるヒット曲まで、聞こえる音を片っ端から耳で覚えて弾いていました。今でも、外に出たときにピアノを見つけると思わず触ってしまいます。好き勝手いろんなピアノを触れる楽器屋さんや電気屋さんが大好きです。マレーシアのホテルラウンジではさすがに怒られましたが。

社会人になったらグランドピアノがおける部屋を借りようと思います。
20年来の付き合いの友人のために。

*写真「マヨルカ島のバルデモッサ修道院・ショパンのピアノ」
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-08-04 10:36 | ⑦Identity

4:Sunrise-Izumo

e0026795_18334695.jpg地元から横浜に来たときに乗車した特急の名前です。生まれ育った地から横浜までは1000㎞近くあるため、寝台特急でした。8時間以上かかるので、夜に地元の駅を出て朝方目を覚ましたら横浜に到着する計算です。本当は興奮してよく眠れなかったので、少しずつ賑わいを増していく窓の外の風景を明け方からずっと眺めていました。

寝台特急の中では、地元の友達に”いってきます”のメールを送る作業に没頭していました。

「横浜という国際都市で、多様な異文化と触れ合いながら経営学という学問を体系的に学んで、企業の発展・ひいては日本経済の発展に貢献できるBuisiness Personになるためです」

就職活動中に大学と学部を選んだ理由を聞かれたときの大まかな回答。でも高校生の時は間違いなく横浜って言葉の響きの魅力が大きかった気がします。もちろん、お金儲け…というか企業の攻防戦にはずっと興味はありました。父が研究者として生きている姿を垣間見ながら、自分の働きに対してもっとダイレクトに世の中が動いてくれるような仕事に携わりたいと思っていた気がします。

大学には思った以上に外国国籍の学生が多かったし、サークルの活動を通して幅広い国の学生と議論する機会が持てたから、多様な異文化と触れあうという目標は多少達成されたのかもしれない。少なくとも、抵抗感や偏見はまったく消えました。僕が出会った外国籍の人たちのなかには日本人以上に礼儀を重んじる人もいたし、同世代の学生とはやっぱり(?)下ネタで盛り上がったり。学生のうちに損得の関係がない状態で触れ合えたことは、社会人になってから彼らとビジネス上の関係を築くときにも間接的にプラスに働くんじゃないかと期待していたり。

ひょんな縁からみなとみらいのクィーンズスクエアでのイベントに歌手として出演させてもらったり、世界一のディベーターに来日を依頼したり。高校生の時に好きだった、音楽と英語という教科で学んだことを実践する場を思いがけず持てたのは嬉しかった。

家族・友人・恋人・基金と、いろんなところから精神的・金銭的な援助を受けながら過ごした4年間で見つけた可能性の欠片を、しっかりと世の中に対する価値として具現化することが社会人として改めて世に出るときの使命だってことを忘れないようにしなきゃと思います。

最近遊んでばかりだった自分に対する戒めの意味も込めて4年前を振り返りました。

*写真は、夜の横浜駅西口を高島屋から臨んだ風景
 
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-07-22 19:42 | ⑦Identity

2:A forget-me-not

 勿忘草。

 一九世紀のパリでは恋人への贈り物にしたそうです。
 1871年に普仏戦争が終わるまで、この世紀は確かフランスにとって争いの時代。
 きっとたくさんの人がこの花に言い尽くせない思いを込めたのかもしれない。
 その辺からこの感傷的な名前がきてるのかな。
 
 数回しか会ってないのに、何故か忘れられない人っていますよね。
 もう何年も会ってないのに、ふとした瞬間に思い出してしまう…みたいな。

 僕にとってのそんな存在とは、
 最後に電話してからもうかれこれ1年が過ぎたました。
 きっと気まぐれな彼女にとっては、
 1年間なんて3連休程度の感覚なのかもしれないけれど。

 生まれも育ちも興味の対象も、
 ありえないくらい重ならなかったけれど、
 その奔放な生きかたにきっと惹かれたのかもしれない。

 しがらみとか生い立ちとか、
 びっくりするぐらいいろんなものに縛られながら、
 華奢な腕で精一杯抗う姿に惹かれたのかもしれない。

 でも華奢なのは見かけだけだって気づくのに、
 そう時間はかかりませんでした。
 単身中東に乗り込んで取材するって聞いたときは、
 さすがに心配したけれど。

 そんな彼女が描いてくれた花の絵が、
 まだ部屋に飾ってあります。
 未完成のまま色を入れられるのを待っている三輪の白いボタン。

 僕はまた大きく息をついて、
 書き込みで汚れた教科書と向かい合います。
 
 わずかな角度をつけた二つの直線が、
 もう一度交わることを祈って。
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-07-18 22:52 | ⑦Identity


Diary-Since 2005.7.14
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Plofile
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
erie fishing..
from erie fishing l..
sliding scal..
from sliding scale ..
alyson hanni..
from alyson hanniga..
cell phone b..
from cell phone bat..
give it away
from give it away
praying mant..
from praying mantis..
ron hamilton
from ron hamilton
website
from website
ford hot rod..
from ford hot rod t..
webmap
from webmap
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧