横浜遊学記



<   2005年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧


72:恋の片道切符

e0026795_23574265.jpgいよいよ学園祭週間も最終日。今日はフェリス女学院大学の学園祭へ。相方はまた友人K。

生憎の雨ながら、AUのキャンペーンガールのおねぇちゃんと再会できたり、かんなりご無沙汰してた知人と再会できたりで得るものはあったかな。何気に手話サークルの発表に感動(原文そのままの手話訳は不可能だから解釈を加えてシンプルな文章にするんだけれど、その解釈がなんか泣かせるんだよねー)。

+++++

  例》空も飛べるはず/スピッツ
   幼い微熱を下げられないまま → 子供 とき 心 持ち 続けた まま
   隠したナイフが似合わない僕を → わがまま 心 持ってる 私

+++++

あー、そういう意味だったのかななんて思うわけです。なまじメロディーが綺麗だから、歌詞の意味をあんまり考えてこなかったんだよね。スピッツの草野さんて結構感覚的な詩が多いから、そらも飛べるはずの歌詞も流して聴いてた感があったので発見です。

e0026795_0101543.jpgタイトルの「恋の片道切符」とは、フェリスの学園祭の名物イベント。毎年恒例の男カタログみたいなものでしょうか。

500円を払うと顔写真を撮影してもらえて、そこに連絡先とメッセージを添えた上で指定のボードに貼り付けるわけです。女の子は気に入った写真を剥ぎ、連絡して出会いが生まれるという寸法。もちろんノリ(最近別れたので2%くらい本気)で友人と参加。

この企画は相当人気らしくて(一説によると二日間で30万近く収益があるらしいです)、常時人がごみごみしていて、相当に忙しいらしく受付のおねぇさんも相当捌いてる感がでてます。ちょっと冷たかったです。でも逆にその冷たさが…って何でやねん!

まさかこれが悲劇を生むことになろうとは…。そう、帰りにチェックしにいくと、友人の写真だけ取られていて、僕のは依然貼り付けられたまま。むむむ、これはどういうことだー?

「ピンボケしてたせいだ」とか「いや、実際取られることよりも誰に取られるかが問題だ」とか慰める風にしているKも、僕が「そうだよなー」というと「いや、でも取られないのはありえんな。実際売れ残りの顔面偏差…(ひどいので省略)」と優越感たっぷりにニヤニヤ。最近女運がありえなく下降中です。ホントの片道切符になろうとは。夜明け前が一番暗いという言葉を信じたい22歳。

e0026795_02444.jpg最後は後夜祭。結構手が込んでいて、バンドとお笑い芸人さんがオンステージしてくれました。

左の写真は「幸美AMP」のみなさんですね。とにかくボーカルさんの声がめっちゃくっちゃいいです。歌が上手いのは当たり前だけど、声の質に感動したのは久しぶりでした。

最後のほうはみんな総立ち。会場は半分くらいフェエリス生だったけど、それに混じっておっさんもジャンプしてました。そんくらいいいライブ。

それが終わると次は「サンドウィッチマン」のライブ。この人達は昨日のエンタの神様にも出演してたらしいです。そして、去年もフェリスの学園祭のMCをやってくれていたとかで今年も来てくれたみたいです。手紙ネタは結構笑えました。やっぱりプロを生で観ると違うねー。

e0026795_038911.jpg後夜祭のメインイベントはフェリスの学園祭実行委員会の送別会(?)で、13人の先輩に向けて後輩がメッセージを送るというもの。全員泣いててすげーと思いました。

途中で一人が泣きながら「先輩に言うことはありません!(多分、言葉には出来ないって意味)」とかって言って、「な、なんでよー!私にも何かあるでしょー?!」って戸惑われてるシーンがほほえましかったです。

そんなこんなでなんか一番最後のお客さんということになり、数十名のフェリス生の作ってくれた校門前の花道をくぐって帰路に着きました。

明日からはまた学校がんばるぞー。
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-11-07 00:49 | ①Diary

71:カイギのち、ミスコン

e0026795_1034919.jpg
昨日は11:00から東工大でJPDUの会議に参加した後、18:00からの学園祭ミスコンを観にいきました。写真は、今年のMiss.Y.N.Uである山田麗奈さんです。シーンは、受賞の瞬間ではなくて、天国のおじいちゃんに向けてのメッセージを読み上げているところ。

去年は雨で教室開催だったミスコン(これはこれで熱気が凄くて、独特の魅力があるけどね)ですが、今年は晴れ。野外のステージで司会の二人とのフリートーク(今までもらったなかで一番嬉プレゼント・修羅場・フェチetc.)とカラオケ、ウェディングドレスでの手紙の読み上げでのパフォーマンスを元に審査します。友人Kと最前列に張って野次を飛ばしながら観てました。

e0026795_10122027.jpgこのミスコンてやつをじっくり見る機会が今まであまりなかったのですが、これは結構頭脳+演技力の勝負であることが判明しました。

アドリブとエピソードの面白さ、そして歌唱力とメッセージ読み上げの時共感を呼ぶ力。どうもかわいいだけでは受賞できそうにない感じです。

自分のイメージを客観的に把握して、さわやかにウケるor萌え~と思わせるやり取りがいる気が。

ミスコンていうと、女の子をちやほやしてるイメージを持ってましたが、むしろエンターテイナー的な視点を持ち合わせていると頭一つ抜けることができるように感じました。うまーく男の気持ちを手の上で転がしつつ、女の子にも反感をもたれないようなパフォーマンス。

まぁ、こんなの意識してやるよりも、キャラで持ってけたら一番いいと思うけど、みんなあまりに”カレシ、カレシ”言いすぎな感じが…。あくまで「Miss」Contestだから、夢見させて欲しいなー。

そんな意味で、Entry.№6の女の子(名前を失念、申し訳ない)のトークはなかなか上手かった。

+++++

司会者「では、この手紙(ラブレター)を誰に向けて読んでくれますか?」

女の子「えーと、以前図書館の前でヒールが溝にはまっちゃって困ってるときに、大丈夫ですか?って言って助けてくれて、次は気をつけなねって言いながら爽やかに去っていった彼に。」

女の子「あのときにジェントルっぷりには、ホントに胸キュンでした。会場にはいてくれてるのかな?ホントにありがとう!」(かなり要約)

+++++

やっぱり、トークは会場とのコミュニケーションだから、こんな風に振れる子は強いなー。隣に座ってた友人Kの中でも急にこの子の株が上がったみたいだし。

ミスコンが終わると毎年恒例の花火大会。実行委員のメンバーは、毎年この瞬間の為に花火技師の免許を取得しているらしいです。花火が散るのと同時に、8回目で4年生の僕らにとっては最終回となる学園祭も終了。やっぱり祭りは楽しいねー。
e0026795_1042157.jpg

[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-11-06 10:43 | ①Diary

70:常盤祭2005

今日は朝から横国の学園祭に行ってきました。友人と自宅に帰宅。泡盛飲んでます。24のファーストシーズン見ようと思ったら、犯人をばらされました。最悪です…。

▼寮時代の友人のオリジナルバンドです。
e0026795_4104995.jpg


▼1,000円で飲み放題のBARです。昼と夜の2回行きました。
e0026795_4112850.jpg


▼横国プロレスです。プロレス見るの初めてなんですが超笑いました。技をかけてるのはイトーマシーン・ツクバ。100メートルを2秒で走るらしいです。
e0026795_4163136.jpg


▼モテ男君、モテ子ちゃんが多数在籍するダンスサークルRUDE3のステージです。
e0026795_4193564.jpg
一日中酒びたりで、なぜか奥歯が痛みます。長州小力が日曜に来るらしいのですが、F大の学際と迷い中です。小力パラパラみたいんだけどなー。

そんなこんなの学園祭週間2日目でした。
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-11-05 04:25 | ①Diary

69:Culture Day 2/2

e0026795_5263996.gifKがバイトだったので、18時過ぎにに横浜に帰着。同期のさっとんから夕食のお誘いがあり、次の予定までの1時間一緒に過ごすことに。相鉄JoinusのB2で中華料理を食べながら歓談する。さっとんはホントに突っ込みが優しく的確だ。生粋の関西人のリアクションは少しだけ大げさで心地よくて、話していて楽しい。

近況を報告しあううちに、衝撃の事実が判明する。愛読ブログのひとつであるハーバード留学記の著者である岩瀬さんの講演会に行ってきたと言うではありませんか!羨ましい。

実は一般公募していて、応募すれば参加も可能だったのだけれど諸事情により断念した最近一番気になってたイベントがこれ。でも、参加した人の話が聞けるだけでも幸せだ。

さっとんも話を聞きながらいろいろと思うところがあったようで、短い時間で全てを聞くことは出来なかったけれど、人間としてビジネスマンとしての岩瀬さんの姿勢や考え方に刺激を受けた点を幾つか教えてもらった。才能と機会に恵まれてなおかつ努力を重ねる人の凄さを感じる話だった。

+++++

e0026795_5361582.jpg*「MBAをとりに行くとはどういう意味を持つことなのか?」

ビジネススクールのテストの様子をビデオで撮ったものを見せてもらったらしい。試験時間は4時間。10Pの英語の資料が配られてたった二つの問に答える。一つは、この企業の現状を正しく分析せよ。もう一つは、さらなる成長のための最適な戦略を立案せよ。10Pの資料を読む作業も早々に、エクセルを立ち上げて自在に操り、会計についての情報をまとめる。そして、もの凄いスピードでワードに分析結果を打ち込む。この作業が4時間続き、最後に用紙をプリントアウトして提出。

毎日がケーススタディで、ひたすら世界中から集まった猛者たちとの英語を使ってのディスカッションが続く。その光景もみたらしいのだけど、さっとんはただ一言「すごかった」。その一言が逆に、僕の想像を膨らませた。きっと、戦場のようなものなのだろうな。

知識という意味では、びっくりするような目新しいものを得ることは期待できないかもしれない(それは多分岩瀬さんが留学までの段階でそれぞれの職場において相当努力されたからだと思うが)。では、何が一番有益な糧となるのか。それはスタディグループでの毎日の予習や、授業で繰り広げられるハイレベルな議論に参加することで得られる考えるという行為をとことん掘り下げる能力なのだろう。

起業についてに考え方も実にビジネススクールらしいものだったらしい。成功している何百というベンチャーを分析して分かるのは、経営は”運”なんかでは絶対に決まらないということらしい。リスクを分散し、最も成功の可能性が高い選択肢を選ぶという作業をひたすらに続けることができる経営者だけが生き残る。今話題の楽天も、細かく分析すると運などという言葉では決して説明不能なほど緻密に計算された戦略の通りに動いているらしい。

e0026795_5382323.jpg*「ハーバードは楽しいですか?」

「人それぞれです。」といえばそれまでだし、聞き手の意図を掴んで的確な返答をするにも情報が不足していると思われるこの手の質問に対して、岩瀬さんは瞬間的にフレームワークを作って誰しもが何がしかを得ることの出来る返答に仕方をされていたそうだ。

「人生の展望、ビジネス、家族、友人の4つのアスペクトに分けてお話しましょう(この台詞は僕の想像だけれど)…」などというように、2年近い経験をぱっと整理して、誰しもが分かりやすく納得しうる話の構成を作る能力。やっぱり回転が速いのか、それとも事前にかなり準備して詰めてあったから出来た芸当なのか。

どちらにしても、話を聞きながら心地よい音楽を聴いているような感覚に襲われたようだ。それはつまり、子難しい用語や自慢話から一生懸命ノイズを除去してメッセージを探るという作業を一切強要されない、ホントに聞き手の立場に立った話だったということだと思う。

アメリカ在住→開成高校→東大法学部→B・C・G→リップルウッド→ハーバードビジネススクールという、一点の曇りもない経歴から想像されうる一般的な”エリート”のイメージを良い意味で超えた存在感を感じたらしい。常に自己鍛錬を怠らない姿勢からその人間性が育まれるのか。

+++++

さっとんはこの他のことについても熱っぽく語ってくれたのだけど、要約するとだいたいこんな感じの話をしてくれた。ちなみに学生は全体の2割くらいだったらしい。間近で直接質問する機会にも恵まれたようで、充実した講演会だったようだ。

あー、行きたかったよー。

*彼のLifeとCareerに興味のある方は以下のブログへ▼
ハーバード留学記Ⅰ
ハーバード留学記Ⅱ  
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-11-03 23:10 | ②Buisiness

68:Culture Day 1/2

e0026795_21215548.jpg7:00ちょうどに母親からの電話で起こされて朝だと気づく。

「一晩考えたけど、やっぱりお金は貸せんわ。それに、今の時期に海外に行くことに関しても賛成しかねるけんね。今回は諦めなさい」。年末にアイルランドに行く予定だったけど、金銭的な問題+チームキャップ埋まり(締め切り前に一定チーム数が埋まると登録できなくなる)というダブルパンチでキャンセルせざるを得なくなる。あ"-…。

今日は文化の日。友人Kと某F大学の学園祭に行く予定だったが、HPをみると今日はやってないらしい。調べずに行く気満々だった自分たちのノープランぶりにあきれつつ次の標的を確保。どうやら明治大学は今日が最終日らしい。エネルギーの行き場を探していた僕達は即決。行くしかない。

ドトールでミラノサンドを方張り、しばしまったりした後に早速和泉キャンパスへ向かう。

「明治健児」なる、知力・体力・運を兼ね備えた日本一の人間を決める企画が目に留まり参加。この年になって、反復横とびや立位体前屈をやることになるとは思わなかった。体力の項目では10段階評価で3あたりしかゲットできない俺。背筋力にいたっては1だ。お兄さんに聞いてみると、「いやぁ、これみんな1しかとれないんですよね~。あははは!」いやいやいや、事前にやってみようよ。そして修正しようよ。互いが夢中で反復横とびしている姿に笑いが止まらなくなる。

疲れて座っていると例によって売り子の女の子がとびっきりの営業スマイルで向かって来る。

  売り子の女の子:「昆布いりませんかー?」

  俺達:「昆布?!おでんとかじゃなくて、昆布だけ!?」

  売り子の女の子:「売れ残っちゃったんです~。30円なんで買ってくださいよ~。」

  (俺:おいおい、昆布なんて単品で買うやつが…)

  (となりで小銭入れをがさがさするK)

  K:「買おう!」

  売り子の女の子:「ありがとうございまーす!」

  (俺:ここにいたよ…。)

そろそろ終わりなんです的な雰囲気を出している女の子に学際を案内してもらおうという下心丸出しで昆布を注文することに賛成する俺。が、しばらくしてきたのは、朝から延々とゆでられてボロボロのしおしおになった結び昆布が二つ。そして、その昆布に驚いて目を丸くしている僕達を尻目に、「やった、ノルマ後2つだよ!」とか言いながらそそくさと去っていく売り子の女の子。ちょ、待てよ!

そんなこんなで今日の前半戦は幕を閉じました。
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-11-03 22:02 | ④Social

67:B型ってやつ

夜中に、思いがけない奴から電話がかかってくる。いつもこっちからかけてもノーリアクションなくせに、自分が話したいことがある時はかけてくる、自分勝手なやつ。

声の落ち着き具合から”きっと成長したんだろうなー”としみじみ感じる。前はいつも誰か傍にいないとダメな感じだったけど、随分しゃきしゃき喋るようになったなー。アナウンサー学校に通ってるせいか?2年前から会ってないけど、多分いろいろあったに違いない。

ようやく、恋愛感情とか抜きにして話せる自分がいる。
くだらないことで笑い合えたときに感じる痛みは、懐かしさからなんだろう。
芽生えた小さな疑念は、胸の奥にしまおう。B型に振り回されるのはもうたくさんだ。
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-11-03 09:03 | ①Diary

66:Mr.Childrenと名門校

e0026795_21245437.jpgいきなりですが、中学受験で成功する子供ってどんな子なんでしょう?

開成や灘など、いわゆる名門といわれる学校の目標は、優秀な生徒を集めることです。ここでいう優秀さとは、記憶力や思考力ももちろんですが、国の指導者や企業の経営者になるためのリーダーシップのベースになる精神的な自立と、自分のまわりの人間関係や環境に注意を払える力があるかどうかだと思います。

その資質があるかどうかを見極めるのが、中学受験なのではないでしょうか。記憶力や思考力は算数や理科社会で見るとして、肝心のメンタルの部分を判断する材料として使われるのが中学受験の国語という教科なのではないかと思います。

過去問を何度も読んでいると、文章と模範解答にある共通点があることに気がつくと思います。それは、物語文・小説においては”成長”をテーマにしているという点です。それはあるときは学校の教室のなかでの人間関係という非常に身近なモチーフを使って描写されたり、異国の地で農業を営む同世代の子に降りかかる親の死という受験する子はおおよそ体験し得ないようを経験を通して語られることもありますが、伝えたいメッセージはいつも一つであるように感じます。

  「自分の欲望よりも、まわりの人間の幸せを考えろ」
  「権利を主張したければ義務を果たさなくてはいけない」
  「人間関係においては常に正義が存在するわけではない」

文章を読みながら主人公の思考をたどって疑似体験する中で、こうしたメッセージを読み解き、自分の言葉で語っている回答には高得点が与えられるのではないかと思います。人間が社会に属している以上従わなくてはならない規範や、尊敬され周囲を巻き込む力を持った人間になるための考え方や行動の原則を要約して伝えるのが中学受験国語という教科に期待されている役割なんではないかなぁと感じます。

だから、もしも「~についてのあなたの意見を書きなさい」という設問があったのしても、世界や自分の属しているコミュニティなどのステークホルダーの利益や損失を考えた上で求められる適切な解というのはある程度絞られてくるのではないかと思います。

主人公の気持ちを問う問題にしても同じです。たとえば、母と祖母と父との4人で暮らしている子供に、突然父の死という悲劇が訪れる。そして、今まで父が自分に語ってくれた家族に対する想いを回想する。そのあとで暖炉の火をだまって見つめる主人公の背中があるとします。

その子の気持ちを説明しなさいという問いがあったとすれば、”悲しい”だけでは得点できません。悲しさを抱えながらも、母と祖母しかいない家族の中でこれから自分が果たさなくてはいけなく役割に対する責任を感じて黙している姿を見なければいけないのです。

読解のテクニックももちろん大事ですが、こういった学校の意図をわかった上で一つ上の次元から問題文を読み解けるかどうかで得点は大きく変わると思います。そういうオトナな思考プロセスを有しているコドモ。Mr.Childrenこそが中学受験において成功する子ではないのかと考えます。

*ミスチルファンの方、結局まったく関係ない記事でごめんなさい!
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-11-02 22:10 | ⑥Issue

65:片思いと両思い

e0026795_17423462.jpg片思いは振られない限りは、永遠に綺麗な思いだけを持ち続ける事ができるある意味で究極の愛の形なんじゃないかと思います。

付き合うって形になったとたんに、二人の間に起きる問題は"解決すべきもの"になってしまう。二人でいることが前提になると、ありがたみとか忘れがちになって、だんだん愛情に対して不感症になっていくんじゃないかなー。あくまで傾向だけれど。

大学生って時間があるから、逆に下手したらその価値を忘れがちになってしまうってこともあると思う。本当に好きな人がどうかをじっくり考えずに付き合ったり、一人がいやだから付き合ったり。空間が真空を嫌うように、隙間を埋める行為を自分で正当化しちゃう。

やっぱりお腹を減らしたときに食べる御飯が一番美味しいと思うなー。はだかの大将の山下清がおにぎり大好きなのもきっと、空腹の後の一握りのご飯の美味しさを知ってるからじゃないかなー(関係ないか)。空腹を自覚できないくらい常におなかを満たしてる人は、もしかしたらどんな美味しいものを食べてもほんとのありがたみはわかんないんじゃないかな。

人の振り見てわが振り直せ。友人の相談に乗りながら自分に戒め。
両思いより幸せな片思いはあると思う。
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-11-02 17:50 | ①Diary

64:Soup Stock Tokyoで朝食を

e0026795_16162566.jpg昨日はGBS&学部友達と飲み。

なんと、来てくれた女の子の一人が友人Kの親友だと言うではないですか!実はKも誘ってた(バイトで×)からもしかしたら予期せぬ再会を演出してしまうところでした。

友人Iと飲むとこういう事件が良く起こる。前回なんか、小学校の初恋の人が偶然メンバーの中にいたことも。地元も東京じゃないし、もの凄い確率な気がする。

いや、こういう再会ってみんな結構ありません?世間て狭いですよねー。悪いこと出来ません。

今日は朝から語学3連チャン→バイト→和田飲みの予定です。フランス語、なんだか出来るようになってきましたよ。当てられたところが簡単だったのもあったけど、訳し方も褒められた!

あんなに厳しそうに見えていた先生が最近はなんだか”とても面倒見のいい先生”に映ります。人間の認識なんていいかげんなもんだねー。実際笑える楽しい先生だけど。

そして、気づけば学園祭シーズン。僕も最強の友人達と他大学に乗り込みますよー。行きたくて行けなかった某F大学にも出陣する予定です。あぁ、ホントにただの日記です。それでは。

*写真「soup stock tokyo/オマール海老とわたり蟹のスープ&8種の野菜と鶏肉のスープ」
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2005-11-01 16:31 | ①Diary


Diary-Since 2005.7.14
Plofile
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
erie fishing..
from erie fishing l..
sliding scal..
from sliding scale ..
alyson hanni..
from alyson hanniga..
cell phone b..
from cell phone bat..
give it away
from give it away
praying mant..
from praying mantis..
ron hamilton
from ron hamilton
website
from website
ford hot rod..
from ford hot rod t..
webmap
from webmap
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧