横浜遊学記



<   2006年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧


110:mustとhave toの違い

この前NHKの番組を観ていたら、興味深い内容についてやっていたので思わず見てしまいました。
e0026795_1112119.gif
+++++

I (    ) cut my hair.

上のような文があり、(    )内にmustかhave toが入るとき、以下のシチュエーションで適切ないずれかを選びなさい。

①自分の上司に命令された
②校則が厳しくて切らざるをえない場合
③枝毛があって切りたいとき
④今の髪型が気に入らないとき

+++++

それぞれの場合に、どちらが入るか予想できますか?番組内では、5,6人のネイティブに質問して答えを聞いていたのですが、全員答えが一致していました。この辺の感覚って、文法から学ぶ日本人にはあまり大事に思われないのだけれど、日常から絶対に切り離せないことばとして英語を使ってる彼らにとっては非常に大切なものなのでしょうね。

答えなのですが、①と②がhave toで、③と④がmustです。

簡単にまとめると、自分の内面から湧き出る動機付けがベースにある場合はmustが使われ、他者との関係の中で生まれた義務にはhave toが使われるとのこと。でもこの①~④て比較的わかりやすい例だと思うんだけれど、いわゆる”しなければいけないこと”の根っこにあるものって結構わかりにくい気がする。内側と外側ってだけではくくれないことが多いような。

たとえば僕が今ハマっているドラクエで、勇者が世界を救わなきゃ!と思った場合はどうなんでしょうか?確かに、世界平和っているのは全世界が望むものであるし(少なくともゲームの中ではそう定義されるし)、勇者として”生まれてきてしまった”という段階で彼にしかできないことという理由が生まれて、ある意味これは外的な動機付けと考えられるわけです。

しかし、彼が世界の惨状を目の当たりにして、これは自分が何とかしなければいけない!と強く思い、運命を受け入れた上で個人的な犠牲を払いながらも世界平和という自分に課せられた使命を全うする覚悟を持ったとすれば、これはすでに単なる外的な動機付けの域を超えてると思います。

そして例えば彼が実際に魔王を倒して世界平和を実現したとすれば、それはきっとhave toな課題として目的を達成したという意味以上の喜びを彼に与えてくれると思うんです。だとしても、その課題はあくまで最初は「枝毛が気になるから髪を切りたい!」という個人的なものではなくて、他者との関係…

世界は魔王に支配されようとしていて、いろんな人が困っている。そして、字自分はその状況を唯一打破できるのかもしれない存在として生まれてきたこと⇒こうやって書くと高尚なようだけど、それは例えばお客様センターのテレオペだって同じことで、少なくとも電話越しのお客さんにとっては彼・彼女が唯一自分の蟠りを解消してくれる可能性を持って存在ですよね?

…から生まれた”義務”だったわけです。

+++++

僕が言いたいのは、幸への近道ってこの「使命感」にあるのではないかということ。もちろん僕は、個人的にmustな欲望を追求して幸せにいたるもの人生の喜びの一つだと思っています。

have toって、すでに可視化された問題(課題=しなきゃいけないこと)であることが多いと思うんです。そして、その可視化されながらも世の中に放置されて転がってる問題っていっぱいある。

地球温暖化や中東の民族紛争みたいな大きいものも、例えばお客さんがくるから部屋をきれいにしなくちゃいけないとかっていう小さいものもあるけど、その中から自分にできることを見つけて「have to⇒must」つまり、周りが求めていることに自分の内面からの動機付けを重ねることができると、幸せに近づけるんじゃないかなと。そしてその高い次元での「have toとmustの融合」ができている人がいわゆる成功者なんじゃないかと思うんです。問題と、自分がやらなきゃという使命感。

とかいいつつ、メールの返信よりもブログの更新を優先させてしまう俺…。
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2006-01-08 11:13 | ⑥Issue

109:謹賀新年

みなさま、あけましておめでとうございます。
e0026795_10195247.jpg

新年早々かなり出遅れた感が否めませんが、今日になってようやく年賀状をチェックし、メールをチェックし、昨日までの講習会中に先延ばしにさせてもらっていた仕事をこなしています。

今年の新年は、みなとみらいのカウントダウン花火を観た後で家に一度帰り、初詣は桜木町の伊勢山皇大神宮に行きました。最近四柱推命の話をすることが多かったこともあって、おみくじにはかなり神経質になりました。引いた回数なんと7回。最後は大吉をゲットしました。

家に戻った後はおせち。大学一年と二年は塾の冬期講習中(必ず風邪を引き、せっかくの休みに寝込んでいました)、三年時はマレーシアで新年を迎えたので、こうやって家でゆっくりお正月気分を味わうのは初めてで、なんだかそわそわしました。コタツがあれば最高なんだけど。

e0026795_10334488.jpg本当はお払いをしてもらいに行ったのですが、道に迷ったこともあって既に終了していました。残念に思いながらも、出店の甘酒をすすりながら帰路につきました。

+++++

「4月からはどこに配属になるのか本当にわからないけど、間違いないことは忙しいということだけ!!最初はトレーニングかもしれないけど、すぐに仕事がどんどんくるから期待しててね(笑)もちろん最初は大変かもしれないけど、トレーニングだと思って。1年後の自分には本当に驚くと思うよ。未来の自分への投資だと思ってがんばってください。」

+++++

内定先の先輩から頂いたメールの一文。

まさとのブログにもあったけど、"確実にその日は迫っている"ってやつですね。気づけばあと83日。卒業できればの話だけどもね。いつか学生が終わるまでの日にちをカウントしたことがあったけど、そのときからもう残りの日数の半分を消化してしまっていたなんて。光陰矢のごとし。

2連休は小田原と箱根に行ってきます。
今年もどうぞよろしくお願いします!
[PR]
by yokohama-yugakuki | 2006-01-08 10:49 | ①Diary


Diary-Since 2005.7.14
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Plofile
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
erie fishing..
from erie fishing l..
sliding scal..
from sliding scale ..
alyson hanni..
from alyson hanniga..
cell phone b..
from cell phone bat..
give it away
from give it away
praying mant..
from praying mantis..
ron hamilton
from ron hamilton
website
from website
ford hot rod..
from ford hot rod t..
webmap
from webmap
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧